見たくなくても、酒・アルコールの広告が視界に入ってきます。
①テレビCM ②街頭広告 ③電車内の中吊り広告などです。

基本、断酒中の依存者はアルコールに関する情報をできる限り遠ざけようと心がけています。
それなのにアルコールメーカーはあの手この手を使って、自社の商品を突きつけてきます。買わせるため、自分たちの利益のため。

そのためならアルコール依存症の人たちの健康や命など知ったことではありません。
しかしアルコールメーカーは承知の上でやっています。
何を知っているのかというと、2010年5月にWHO(国際連合の世界保健機関)の第63回世界保健総会において
『アルコールの有毒な使用を低減するための世界戦略』が承認されたことをです。もちろん日本もWHOの参加国です。

その承認内容の中で私たちアルコール依存者にとって重要なのは、
酒・アルコールの「コマーシャルの内容と量を規制する」ようWHOが参加各国に求めているところです。

先進各国のアルコール規制
たとえばアメリカならウィスキーやリキュールなどの蒸留酒(アルコールの強い酒)はテレビコマーシャルを流さないことになっています。

ビールやワインは放映できても、人が飲酒しているシーンは出さないという自主規制がされています。

Exif_JPEG_PICTURE

こういうこと?(参考資料:朝日新聞)

フランスやスウェーデンでは、ほとんどのアルコール類のテレビコマーシャルは禁止。その他の国でも蒸留酒のコマーシャルは禁止状態です。
先進国(日本以外)では、酒・アルコールに対するコマーシャルが厳しく規制されているのです。なぜかというとアルコールは有毒だからです。

ひるがえって日本はというと
お察しのとおり
①テレビCM ②街頭広告 ③電車内の中吊り広告
など垂れ流しなのが実情です。

一応、アルコールメーカーの自主規制はあり、午後18時より前にはTVコマーシャルを放映しないこと。未成年向けの番組では流さないこと。になっていますが当たり前ですよね。

しかし私がテレビを持っていた頃、(今は捨ててしまいましたが)、休みの日の午前中に酒・アルコールのテレビCMを観た記憶があります。
あれは依存者にありがちの幻覚だったのでしょうか?

もしそれが私の私の幻覚だったとしても
Exif_JPEG_PICTURE
駅ナカのアルコール広告は親子連れだって目にするし

Exif_JPEG_PICTURE
電車の中刷り広告は毎朝、通勤途中のサラリーマンや通学途中の中高生も目にします。

断酒中のアルコール依存者ばかりか、大人の世界に興味津々の未成年者の視界にも無理やり入ってきます。

それで断酒をくじかれ再び飲酒を始めた依存者を「意思が弱い」と一方的に決めつけられるでしょうか。

タレントが「美味い、美味い」と連呼しているライト感覚のアルコールに未成年が手を出しても、叱れる大人がいるでしょうか。

前述したように、断酒中の依存者はアルコールに関することに目も耳もふさごうとしています。

発育途上の未成年者に無理やり酒を飲まそうとする大人もいないはずです。

国際連合の世界保健機関が酒・アルコールは有毒だと言っているんです。その有毒物の広告が垂れ流し状態になっていることを、そろそろ問題にしてもいいのではないでしょうか。

*参考資料
依存症の科学 いちばん身近なこころの病

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です